ベビーウェアリングとの出会い

私のベビーウェアリングとの出会いは約3年前。 

 長男が1歳4ヶ月の頃でした。 

それまでよくある腰ベルト付きの抱っこ紐を使っていましたが、歩きたい❗抱っこして❗でもやっぱり歩く❗と抱いたり下ろしたりが頻繁な時期で、抱っこ紐の装着がとても面倒に感じていました。 

しかも11キロになった息子を30分も抱っこしていると、肩も腰も痛くて下ろしてからもしばらく気持ち悪いほど身体に負担が大きかったのです。


 とにかく面倒くさい事や痛い辛い事が嫌いな私は、もっと素早く抱き下ろしが出来て身体が楽な抱っこ紐はないものかと色々調べました。


 そこで知ったのがリングスリングの存在。


 片方の肩にだけ負担がかかるから月齢の低いうちしか使えないというクチコミも多いけど、正しく使えば背中で支えるから大きくなっても使えるという意見もあり。。。

 使ってみたいけど新品は高いし、使いこなせなかったらもったいないしな~と迷っている時、たまたまリサイクルショップでまさに検討中だった北極しろくま堂のキュットミーを発見❗この金額なら失敗してもいいや~と思い即購入しました。


 そして使ってみると。。。


 腰ベルト付き抱っこ紐よりも身体がラク❗そして抱き上げるのも下ろすのも素早く出来てなんて便利なんだ❗と感動。



 使い始めた頃の写真。


あまり上手な入れ方ではないけど、それでも普通の抱っこ紐よりかなり楽で、サブで使うつもりがすっかりメインに。 もう腰ベルト付き抱っこ紐には戻れませんでした。

Babywearing Days

大分市・古国府にて抱っことおんぶのサロンを開設しています。 スリング・ベビーラップ・おんぶ紐など、多数の抱っことおんぶツールの試着や使い方選び方相談ができます。

0コメント

  • 1000 / 1000